超邪悪な大統領夫は会議で私を強引に抱きしめた

超邪悪な大統領夫は会議で私を強引に抱きしめた

彼は「スーパーイービルプレジデントハズバンド」のオオカミのような大統領のようで、その瞬間は頭がおかしくて横暴です。しかし、彼に対する私の気持ちは、小説の主人公ほど良くはありません。彼は裸の欲望と貪欲しか持っていません。私の意見では、彼はとても嫌です。私はこの予期せぬ違反に圧倒され、その後後悔しました。

年末を迎え、ラブドール全社員が最終目標を目指して全力疾走し、新年が到来する前に目標を達成するために、すべての同僚が一生懸命頑張っています。上司は、次回の年次総会で、10の最高のパフォーマンス賞が選ばれ、トロフィーと現金が授与されると述べました。年次総会へのカウントダウンを見て、会社の指標で忙しいだけでなく、年次総会プログラムも準備します。今年の年次総会のボスはそれを非常に真剣に受け止めています。年次総会は5つ星ホテルで開催されるだけでなく、今回はテレビ局に録画を依頼します。年次総会は会社にとって非常に重要であり、会社を宣伝する絶好の機会です。

各部門が独自のプログラムを準備しているとのことで、担当者からは、リハーサルが比較的閉まっていて、各部門のプログラムが公開されたくないので、各部門のプログラムが素晴らしいとのことで、さまざまな憶測や噂が飛び交っています。私たちのプログラムはまだ手がかりがなく、もともと白鳥やタップダンスをやりたかったのですが、当科の男女の比率が大きくバランスが崩れていて、体型の違いが多すぎて、華やかなショーをするのは本当に難しいです。最後に、学科の皆さんとの話し合いの中で、ショーの内容は、スキットに似ているが、スキットよりも豊かで、面白く、鮮やかなドラマ、面白いドラマであると最終的に判断しました。1年間会社で起こった興味深いイベントを組み合わせて、有意義でした。イベントや主要なイベントは、当社のドラマを再現しました。

上司は私に会った後、どんなショーをしているのかと聞かれ、言わないふりをしてサプライズを楽しみにしていました。私が美しくて気持ちがいいからか、いつも上司に好かれています。正直、私はユニットです。ここの誰もがトリックが好きで、上司でさえしばしば冗談を言って私をからかいます。実際、上司が私を好きだということを心から知っています。私がこの関係を壊さなかったのは仕事のおかげです。上司が2回目に私に個人的に尋ねたとき、私はまだ彼に話しませんでした。実際、彼はそれを知っていました。彼の言い訳はもうありません。

年次総会は夕方6時に正式に始まりました。主催者、上司、各種経営陣が話し、プログラムが登場し始めました。当科のプログラムは5回目の登場でした。ラブドール ロリ出演する前に、上司からテキストメッセージが届きました。このテキストメッセージそれは本当に私を怖がらせました。それは言った:ベイビー、あなたに似合って、さあ!私は上司に臆病に呟いた、そして彼は私に微笑んだ。私にテキストメッセージを送ってください、いくつかの丁寧で曖昧な言葉は私に彼が何を意味したのか不思議に思います。幸いなことに、私たちのショーは同僚たちを大声で笑わせました。頻繁な拍手は私たちを興奮させ、幸せにしました。上司は下で「良い」と叫びました。私たちのパフォーマンスは鮮やかで、私も私たちのチームを賞賛しました。協力。