過去による傷だらけでも

自らに囚われてる窮地に陥る人は過去の深淵から這い出せない。ー前書き

自らに囚われてる窮地に陥る人は過去の深淵から這い出せない。ー前書き

この世にこのような女の子がいるんで、彼女はあなたにずっとそばにいて欲しくはなく、ただあなたがこの世に存在しているだけでいいということを知りたく、またあなたが彼女にしか愛を与えないということも要らなく、その愛を何分も分けて、ほかの女に配ってもいいということなんだ。

ちょんと一緒にいようと私は彼女に言う時に、意外に断られてしまった。こうして、始まっていないのに、既に終わりになった。私のことをまだ信じていないのかそれとも信じたくもないのかっていう疑問ができたのだ。

そこで、どう考えても答えが出てこないと意識した私は最後に彼女と別れてしまうことになった。

かつて彼女は「私には愛を欠かしすぎで、今は急にこんな充実な愛をもらえるなんて受け取れない気がする」といった。この話を聞いた後、私の気持ちはとても複雑になり、一方は怒るというより、むしろ心が死ぬほど痛かったんだと思うんだけれども、その一方は彼女の過去の悲惨な経歴が惜しすぎだと思うんだ。

彼女の過去についてのことは知り合ったばかりの頃にも教えてくれていなかったわけで、彼女のいつもの憂鬱な目つきに気になってる私は自分自身の問題でこうなったかなと思ったら、去年のある日まで、彼女はついにその過去に放置されたままの思い出したくないことを私に打ち明けてしまった。

それは彼女の小学二三年生頃に起きたことなんで、帰り道を歩いてるところに、いきなり誰かに抱き上げされ、すると、緊張のあまり、失神してまったので、その後のことをすっかり忘れてしまった。やがて、彼女はゆっくりと目覚めになったら、自分の下半身の生殖部の周りに痒い気がした。すると自分の手で少しそこに触ったら、手に血が付いてることを見た。

こういうことでは、その頃の彼女なりの認識を遥かに超えてしまい、随分驚かされていたので、家族にも知られることも怖く、だから何も言わずに、全てを一人ぼっちで必死に引き受けてしまった。

こうやって、大人になるまで、自分がよく知らないこととか、性的についてのこととか、知り合わない男性に恐怖を抱えることとかに対し、歪んでる不健全な心理を持っていることになったものだ。 だから、私は彼女の苦しみをその過去の話を聞いたから、すっかり理解できてきたんだ。 今までも彼女との関係ははっきりしていないが、私はあくまでもいつか明らかになるように信じている。

そして彼女がこれ以上傷つかないよう、また元気なんかも望まなく、ただ普通の女の子のように無事に生きていけばいいと思うんだ。

もちろん、この彼女とまだ関係を復旧してないうちに、自分の性処理を如何にするかは疑問になるだろう。今度は私からちょっと紹介させてもらおうか。ソリッドドールズというラブドール通販店なんだ。これこそ私の性欲を解決する決めてなんだ。

ソリッドドールズ通販店内で、各種類の高品質のラブドールが揃い、おっぱいにこだわる方には、爆乳良乳のような分類が有り、人種に気になる方には、欧米風アジア風のような分類が有り、材質に要請を持つ方には、もちろんシリコン製TPE製の二分類がある。これだけでなく、もっと多くの分類されるラブドールが通販店内に並んでいるから、ぜひ皆様に愛顧していただきます。

自らに囚われてる窮地から解脱してくる人は救われる。ー後書き