性的幻想についての解釈

精神分析理論は、潜在意識の攻撃本能と性的幻想が結びついた結果だと分析している。

精神分析理論は、潜在意識の攻撃本能と性的幻想が結びついた結果だと分析している。

対象を志向すれば、虐待の幻想になる。自分自身を志向すれば、性的虐待を受ける幻想になる。

伝統的な性的抑圧の影響で、女性はしばしば性的に羞恥心と罪悪感を持つと、精神分析学は分析している。

性的な幻想の中で、自分が性的行為を追求することを想像すると、後ろめたさや焦りを感じ、「逆相形成」の心理防衛メカニズムを通じて、自分に強要される「強姦」のような幻想を抱くようになり、性的快感を許してしまう。

性的幻想の中の強姦についての説明だ。性幻想は大脳皮質活動の結果だというのが心理学界の共通認識だ。

介と意識と無意識との間には、現実には実現できない性願望に対する精神的な満足がある。性的幻想は身体の性的刺激を強化し、性的体験を強化し、より深い性的満足を得る。

性的幻想には肯定的な効果がある。性的幻想は性行為に必要な要素である。性活動における身体的刺激とあいまって、性的幻想はより強い性的体験を生み出す。

体内での性能量をより十分に放出させ、オルガズムの到来を促す。

陰陽相は満ち溢れやすく、意淫は内にあって火をたくて当生になり、生理の精規は精室にあって、心は欲腎にあって色を傷つける。つまり、普通の人は気力が旺盛であったり、腎虚腎不全であったりすると、容易に性の幻想を生むことになる。

第二に、性幻想は婚姻中の性生活に鮮度を保つことができる。

結婚中の性生活はしばしば体力、情緒、環境などの要素の影響によって麻痺し、毎回の性生活の主観的な満足度は満足の結果に達しない。

特にクライマックスが難しい女性は、性の幻想を借りて自ら性の頂点に達することができる。

また,性的幻想は機能的なオルガズム障害を補助的に治療する。性的幻想は性的刺激に達する最も有力な1つのルートであり、したがって、性治療の医者は関連患者の心の積極的な記憶を動員して状況を改善することを奨励する。

性感集中トレーニングの主な治療法はここにある。

男性の勃起不全の早漏に対して、女性のセックスレスや膣痙攣などの心理的治療の多くは、性的な幻想を通じてパートナーの役割を受け入れ、仰向け、リラックス、相手の体に触れる体験を心がけなければならない。

安全、快適、光のやわらかさと音楽を伴う室内で、進行性の幻想的な接触に集中し、心の傷がついて久しい性機能障害を治療する。

このように、性幻想も性機能障害を治療する臨床手段である。

さらに、多くの人が性的幻想に前向きに反応し、楽しんでいる。

セックス・ファンタジーは私たちをもっと楽しく、もっと生活の多様さと楽しみを知って、それに及ばない性の高望みも完成させて、また別の虚雲の空間の中で自分の自信を強めることができて、本当に楽しいですか?

性的幻想が性犯罪につながるかどうかについても、多くの人が性的幻想に戸惑いを感じている。

セックス・ファンタジーは意識と無意識の間に介在する一種の観念で、紙の上で私たちが描いたどんな立体的な図形も2次元であるように、現実の生活の中での行為と運動は3次元である。

夢の中の思考や意識には時間や論理がない。それが四次元空間だ。

私たちの性的幻想はこれにかんがみます。個体が生活環境から離れると、意識はその行動の支配者となる。

理性と道徳は、性の幻想と現実を分離させる。一つの意識は正常で、心理的健康で、普通は想像と現実の境界を混同しない。性の幻想は実行に移せない。